御祭神

天神第六代坐榊皇大御神(アマツカミムツノミヨニアタリタマウサカキノスメオオミカミ)
面足尊(オモダルノミコト)
惶根尊(カシコネノミコト)

由来

景行天皇40年(110)、日本武尊が創建したと云われる。元は第六天神宮と称され、江戸時代には将軍家より大御神輿の奉納もあり、浅草御蔵の総鎮守として民衆からの尊崇をうけていた。全国の第六天神の総本宮でもある。(東京都神社名鑑より)

例祭

6月1週目の土・日

住所:台東区蔵前1-4-3