2月3日は節分です。

元々節分とは「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指したもので、季節の分かれ目という意味です。
しかし日本では立春が一年の始まりとして定着したために、春だけが尊重されたと考えられます。

節分といえば豆まきですね。
豆まきは中国から伝わってきた風習で、悪い鬼を追い払う行事です。
豆は魔滅に通じ、魔を滅するという意味が込められています。
ちなみに鬼が住むといわれる鬼門の方角は十二支でいうと丑寅です。
なので鬼は角(丑の角)があり、牙(寅のキバ)を持ち、皮のふんどし(寅柄)をしています。

また、焼いた鰯の頭を柊の枝に刺して家の戸口に置き、鬼の侵入を防ぐ習慣もあります。
鬼は臭いもの(鰯)と痛いもの(柊の棘)がきらいなのだそうです。

最近では恵方巻きが全国区になってきました。
節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味があるそうです。
今年の方角は西南西です。

節分祭(二月三日)
・鳥越神社
・第六天榊神社
・須賀神社