3月3日はひな祭りです。

突然ですが皆さんは男雛と女雛を左右どちらに並べますか?。
一般的には向かって左が男雛だと思いますが、京都を中心とした関西圏では向かって右に男雛を並べる習慣があります。
実は歴史的な時間で見たとき、向かって左に男雛はつい最近(昭和)からのことなのです。
昭和以前は向かって右に男雛があたりまえでした。上座は左(向かって右)ですよね。
これは、陰陽説に基づくものです。詳しく書くと長くなるので簡潔にしますが、「陰=右=女」、「陽=左=男」、という考えが古来(中国から伝来)よりあります。
よって左側(向かって右)が男となります。
昭和に入り、国際的な並び順が男女逆であったため、向かって左が男雛となったようです。
ではどちらが正解か?と、あまりこだわる必要はなさそうです。各家庭での決めごとでかまわないのではないでしょうか。

浅草橋にはひな人形を取り扱うお店が数多くありますので、当マップを参考に街歩きなどされてはいかがでしょうか。