御祭神

倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)

由来

創建時期は不明。正平年間(1347-1370)、新田義貞家臣の篠塚伊賀守重廣が主家再起の祈願を当地でしていたことから篠塚稲荷と呼ばれるようになったと云われる。(東京都神社名鑑より)

住所:台東区柳橋1-5-1