御祭神

素盞嗚尊(スサノオノミコト)

由来

推古天皇9年(601)、武蔵国豊島郡に疫病が流行した折、郷人等が牛頭天王に病難平癒を願ったところ、ことごとく快気を得たので祠をたてたのが始まりとされる。(東京都神社名鑑より)

例祭

5月28日~30日

住所:台東区浅草橋2-29-16