御祭神

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
天児屋根命(アメノコヤネノミコト)
東照宮公(トウショウグウコウ)

由来

白雉2年(651)、日本武尊が東夷平定のためこの地に滞在していた際その御徳を慕い、土地の人々が白鳥明神として創建したと云われる。鳥越の名は、源頼義・義家親子の伝説から付けられたとも云われる。千貫神輿といわれる大神輿の渡御する「鳥越の夜祭」が有名。(東京都神社名鑑より)

例祭

6月9日前後

住所:台東区鳥越2-4-1